シリア・ヨルダン・レバノン 旅のコラム  旅行記  ゲストブック ホーム  
  北上!マレー鉄道の旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
title

パルミラ観光


8:00 出発 

バスで一番奥のディオクレディアスの陣営から葬祭の神殿、列柱道路、四面門、アゴラ(取引場)、ほぼ完全な姿が残っているローマ劇場、この野外劇場は今でも毎年パルミラ.フェステバルが開かれているそうです。(本当にローマ人は劇場を作るのが好きでね。)ゼノビア女王の浴場跡、記念門、ここには写真用にかどうか駱駝がいました。駱駝に乗りましたが、とても恐かったです。

10:00 ベル大神殿(1世紀から2世紀にかけて建てられた建物)。歩いてのパルミラ一周は結構距離がありました。エラベルの墓(塔屋式)三兄弟の墓(地下式)等を見学しました。

12:50 パルミラレストランで昼食。昼食後、自由時間。そこで私達何人かはバスをホテルに帰し残りました。ホテルは其処から2キロ以上有りましたが、その辺にはおみやげ屋が沢山有りました。皆で一軒ずつ覗いて敷物や安物のアクセサリーを買いました。ちなみに始めダマスカスのホテルで100ドルと言われたネックレスが25ドルと言いました。まだまだ値切れると思いアフリカを思い出して値切ると15ドルになりました。(ホテルは高い)

ホテルに帰る事にしました。なつめ椰子の実を買ったり(パルミラはオアシスなので、なつめ椰子が沢山植わっています)しながら歩き出しました。パルミラの中を横切りかなり距離が有ります。其処へ2頭の駱駝を連れた少年が来ました。ホテルまで5ドルと言います。高いと2ドルまで値切って乗りました。ホテルに着いたときは私の駱駝が先に着きました。いつもは降りるときは駱駝使いがいて降りるのを手伝ってくれます。でも誰もいない、値切ったせいか少年は駱駝に乗ったままです。駱駝は座っていますがとても背が高いのです。伸ばしても伸ばしても地上に足が着きません。恐怖を感じました。パルミラの近くにアラブ城が有ります。150メートルの岩山に建っています。

15:15 アラブ城へサンセットツアーバスで山の上迄登ります。アラブ城からはパルミラが一望出来ます。私達のホテルやオアシスの緑が見えました。サンセットを堪能してホテルに帰りました。

アレッポ