北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  初のひとり旅 北上!マレー鉄道の旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
アメリカ
ドイツ
ユーロスター
インド

シアーズタワー

1996/09/14

<<

 UNION駅の正面には、あのシアーズタワーがそびえ立っている。高い所は基本的には好きではないが、おのぼりさん気分で行ってみることにする。時間も早いせいか観光客は、そんなにいない。入場料$6を払い案内に従い通路を歩く。通路の両脇には、順番待ちの通路で退屈しないようにとシアーズタワーのこれまでの歴史やこのような技術を使っておりますと自慢しまくりの展示物が陳列されている。

シアーズタワー 説明文は英語で書かれていたので読む気にもなれず、写真や模型だけを見て通りすごす。しばらくすると椅子のある薄暗い部屋に通される。やっとエレベータに辿り着けたかと思ったら、シアーズタワーの映画を見るブースだった。こうやって、待っているあいだも退屈させない心遣いはうれしい。日本でも見習ってもらいたいものだ。

 英語が聞き取れない映画も終わり、いざエレベータで展望台へ。エレベータで上がること1分弱、展望台に到着。なんともあっけないものだ。世界一高い建物なのだが、周りにも高いビルがたくさん立ち並んでいたせいか、あまり高さを感じない。それにもまして、高いビルが聳えるタウンの一画以外はミシガン湖とだたっぴろい平原だけであった。普段の狭い所にすんでいる私にとってはあまり見たこと内風景なのだが、なんか味気ない。展望台から一通りの風景を見て、エレベータで降りる。帰りには、土産物屋で絵葉書を数枚購入して、シアーズタワーを後にする。(これが後から後悔することになるのだ)

 絵葉書を出そうと思い、郵便局を探す。キョロキョロしていたら、郵便局に行くからついておいでと案内してくれた紳士に助けられ無事購入した。あまり時間もないので遠くまで観光することは諦め、引き続き街中を散策することにする。

>>