北半球ぐるっと走り抜け記 旅のコラム  旅行記  ゲストブック  ホーム  
  初のひとり旅 北上!マレー鉄道の旅 南紀トロッコ列車の旅  
 
アメリカ
ドイツ
ユーロスター
インド

鞄がぁ・・・

1996/09/13

<<

ミシガン湖ChicagoもLosAngelsに続いて2回目である。ミシガン湖は、相変わらず大きく、初めて見たときは海と勘違いしてました(実話)。幸いにも一時間早い飛行機に乗れたので、明るいうちにタウン(市内)へいけるだろうと浮かれ気分。

入国審査もLosAngelsで済ませていたので、そのまま荷物を取りにバゲッジクライムへ直行する。いくら待てども荷物は、出てこない。「ひょっとしたら。。」という気持ちもあり、バゲッジクライムで30分以上待ってみる。だが、コンベヤーから出てくる荷物は、なくなってしまった。「こりゃ、ロストバゲッジだな。」と諦めユナイテッドの窓口へ行く。ひげをたくわえた窓口係員に荷物がなくなった事を伝えると、すぐさまLosAngels空港に問い合わせしてくれる。だが、帰ってきた返事は「荷物はまだ、LosAngels空港にある」「次の便で送るので今晩の9時過ぎにChicagoに着くだろう」と。係員に「ホテルまで届けるからホテルの名前と住所を書け」と言われたが、まだホテルを予約してないので、「明朝、荷物を取りに来る」と告げその場を後にする。

今日は、タウン(市内)まで出るのを諦め、しかたなく空港近くのホテルを探すことにする。一泊98米ドルとかなりの高額な値段だったが、そのホテルに泊まることにする。空港にいても仕方ないので、タクシーに乗ってホテルへ行こうとしたが、現金(米ドル)を全く持っていない事に気付く。成田で米ドルぐらいは用意しておけばよかったとここで反省しても後の祭である。

>>